元宝塚トップ娘役・陽月華、奈良県舞台の映画で初主演

ニュース

 

宝塚歌劇団の元宙組トップ娘役の陽月華が、塩崎祥平監督の最新作「かぞくわり」で映画初主演を飾ることがわかった。
小日向文世竹下景子が夫婦役で共演し、作家・折口信夫の著書「死者の書」をヒントに“日本の家族の在り方”を描き出す。

奈良県で映画製作を続けている塩崎監督が、核家族化が進む日本社会で「家族が割れていく」状況を危惧し、「茜色の約束 サンバ do 金魚」以来6年ぶりに完成させたオリジナル作品。

奈良の平凡な家族を通して「本当に守るべきもの、残すべきもの」を示し、日本人にとって大切なメッセージを投げかける。
特別な許可と協力を得て、1300年以上の歴史を誇る国宝「當麻寺」や日本最古の神社で知られる「大神神社」などで、映画史上初の撮影を敢行したことも話題になっている。

2000年に「宝塚歌劇団」に入団し、07年に宙組トップ娘役に就任、その後09年の退団まで活躍を続けた陽月。
女優として活動を始めると、12年に公開された「劇場版ミューズの鏡 マイプリティドール」で映画デビューを果たし、「駆込み女と駆出し男」「チア☆ダン 女子高生がチアダンスで全米制覇しちゃったホントの話」「あの日のオルガン」(19年2月公開)に出演。
本作で演じるのは、曼荼羅を一夜にして織り上げたという伝説の姫の生まれ変わり・香奈役だ。

両親(小日向&竹下)に画家になる夢を拒絶されてから定職にもつかず、38歳になっても実家暮らしの香奈。
ある時、結婚して家を出た妹・暁美(佃井皆美)が、姪の樹月(木下彩音)と一緒に出戻りしてきた。
やがて、暁美が香奈の“ニートな人生”を否定し、家族の在り方に意見したことから一家の生活は大混乱。時を同じくして、謎めいた青年が香奈を再び画家の世界へと導いたことから、街全体を巻き込む大騒動へと発展していく。

「かぞくわり」は、19年の正月第2弾として、東京・有楽町スバル座ほか全国公開

コメントはまだありません

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

ニュース
ピース又吉「劇場」山崎賢人で映画化

長編デビュー作「火花」で第153回芥川賞を受賞したお笑いコンビ・ピースの又吉直樹の受賞後第1作となる …

ニュース
「地獄少女」の特報&ビジュアルが解禁! 玉城ティナ演じる閻魔あい「いっぺん、死んでみる?」

  11月15日公開、玉城ティナ主演の「地獄少女」の特報映像が公開された。 「地獄少女」を …

ニュース
乃木坂46・松村沙友理が映画初主演

  乃木坂46の松村沙友理が「東京ワイン会ピープル」で映画初主演を務めることが決定した。 …